読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びとうろうぽ記

全宇宙1兆51億人いるポケモンファンの一介

MENU

4000種越えた

バッジとれ~るセンター 【ポケモン以外】

バッジとれ~るセンターの合計獲得種類数が4000を越えました!

前回3000種越えたときは、これ以上バージョンアップはないとのことでしたがどうなったのか?!

 

 

3000種越えた時の話↓

bitouroupoki.hateblo.jp

 

 

 

とりあえず4000おめでとうコメントはあったので載せます。ネタバレなので注意⚠

 

 

 ※スクショ画像はすべてMiiverse経由のものです
※今回の画像の掲載は引用にはあたらないため、公式関係者に指摘された場合は速やかに削除いたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む
広告を非表示にする

アローラ!!/ポーズのCD買いました

【ポケモン】 音楽

Amazonで予約してたので届きました!

発売日は4月12日ではありますが、4月11日には届きました(Amazonだからか) 

www.pokemon.co.jp

 

CDのケースと紙のケースが背中合わせになってビニールで包装されてます

↓表

f:id:kkmrG128:20170411224032j:image

↓裏
f:id:kkmrG128:20170411224042j:image

 

↓ビニールをとって並べた
f:id:kkmrG128:20170411224057j:image

 

初回生産限定盤を買ったので、CD・DVDと共にモンコレGET「ピカチュウ バトルポーズ(Zワザver.)」が付いてきてます(上の写真の右)。通常のモンコレシリーズのシークレットと同じような金色の塗装があります。元の色が黄色なので耳の先の黒で違いがやっと分かる感じ?あと通常とはポーズも違います。

 

↓でもちゃんと通常版と比べれば違いは一目瞭然だったり(左が通常版、右が今回のZワザver.)。

 f:id:kkmrG128:20170416232538j:image

 

箱は普通に自立しますし、このまま飾るのもアリですね。他のモンコレGETを飾ってもよさそう。ただ、幅がピカチュウに合わせているのでポケモンによっては入りません。キテルグマとか試してみたけど横幅があるのでだめでした……。

f:id:kkmrG128:20170416232546j:image
f:id:kkmrG128:20170416232555j:image
飾れなくはないけどはみ出てる……。

 

 

肝心の中身。ディスクの絵は、線画のみVerのジャケット絵がそれぞれCDとDVDで男子チーム女子チームと分かれているような感じです(写真は載せない)。

なぜかDVDの方は本体のミラー部分からイラストがちょっと浮いてます。正面から見れば普通ですが、斜めから見ると線画がミラーに映って線が2重に見える感じ。まあ中身は問題なく見れたので大丈夫です。

 

商品概要が分かる公式サイトを探したんですが、佐香智久氏と岡崎体育氏の公式サイトを見てもこのCDについて取り上げてないですね。それぞれ別のアーティストの曲と一緒だから難しいのかな……(音楽業界はよく分からないので素人考え)。

 

 

 

アローラ!!」も「ポーズ」もアニメで流れている時から好きだったのでCDを買ってフルで聴けるのは嬉しいです、必死で覚えようと永遠リピートしています。

 

アローラ!!」は明るくノリノリな曲と、めざポケを意識しているような歌詞がいいですね。セリフがあったり合いの手が入るのも楽しくてよい。

めざポケっぽいなと思うのは、やはり<あのコ>が出てきたりとか。<まだまだ……>はの繰り返しは、めざポケの<なかなか……>を意識しているのかなと思いました(めざポケと比べるとだいぶあのコの人権が回復してる)。シャレっぽく<サン>と<ムーン>が入っているのもポケモンっぽいなと思います。

 

「ポーズ」も、<おーっす!みらいのチャンピオン>はゲームのメインシリーズをプレイしてきた人にはおなじみのセリフで、ポケモンファン向けで考えてるなと思います。<出会えてよかった キミに決めてほんと良かった>からのサビに入ったときに、それまでのタイプごとのZワザ歌詞から一転、音楽に合わせてしっかり歌う内容になっていて心に染みるようでよいです。

 

 

 

DVDはノンテロップOPとEDです。EDは途中で内容が少し変わったバージョンもありますが、おそらく現在(CD発売時)放映されている内容だと思います。シロン(アローラロコン)もいますし、ロトム図鑑は大変な目にあってます。

 

 

 

余談ですが、先日(4月15日)カラオケに行った時には2曲ともすでに選曲できる状態でした。なんかコートダジュールで4月21日からポケモンのキャンペーンがあるようなので歌うのが好きな人は行っておけばいいんじゃないでしょうか。

www.cotedazur.jp

 

 

 

2曲ともポケモンっぽさも感動もいい塩梅で素晴らしい曲だと思います、好きです。この曲がアニポケサンムーンの最初のOPEDでほんと良かった。頑張ってセリフから何から覚えてやろうと思います。

広告を非表示にする

ポケモン台紹介のはず

【ポケモン】 バッジとれ~るセンター

3月17日、(3月24日)、3月31日(?)分のバッジとれ~るセンターの内容掲載……のはず……

 

 ※スクショ画像はすべてMiiverse経由のものです
※今回の画像の掲載は引用にはあたらないため、公式関係者に指摘された場合は速やかに削除いたします

 

 

 

3月17日更新台は、翌日がモンハン最新作の発売日なようで、モンハン台が多かったです。おかげでポケモン台は4台しか追加されません!全部で何台かは数え忘れました……

f:id:kkmrG128:20170407224648j:plain

f:id:kkmrG128:20170407224704j:plain

 

f:id:kkmrG128:20170407224721j:plain

f:id:kkmrG128:20170407224735j:plain

f:id:kkmrG128:20170407224747j:plain

f:id:kkmrG128:20170407224800j:plain

 

 

 

3月24日もモンハン!おかげで今回もポケモン台の追加は4台(モンハンは6台の合計10台新規追加)なんですけど、Miiverseを確認してたらそれっぽい画像がなくて、まさかのポケモン台スクショ取り忘れ!!ショック!!

f:id:kkmrG128:20170407224833j:plain

f:id:kkmrG128:20170407224848j:plain

 

 画像はないけど追加されていたのは、すべてドットのバッジで、

メロエッタ(ボイスフォルム)や・ランクルスオーベムムシャーナイッシュのエスパータイプが中心で8種類いるアームで叩く台

ゾロアークレパルダスズルズキンキリキザンイッシュの悪タイプが中心で、8種類いる爆弾で落とす台

テラキオンギガイアスアーケオスアバゴーライッシュの岩タイプが中心で、8種類いるアームで叩く台

・(メモはないが、イッシュドット台は他にこれだけなのでおそらく)ビリジオンゴチルゼルモロバレルエルフーンイッシュの草・エスパーが中心の台

 

メモはあるくせに画像取り忘れとか信じられない……。本当にどうして撮り忘れたのか、特別忙しかったりはしてないので不思議…悲しい……

 

 

 

おそらく3月31日に追加されたであろう台……

3月末は忙しかったので、3月31日と4月1日はバッジとれ~るセンターを起動できませんでした。2日ぶりということ、、4月2日に来店したところ、「4月1日にイベントがあった」ということで、4月1日のコメントを見せてもらいました

f:id:kkmrG128:20170407224901j:plain

ゼルダシリーズのどれかのオカリナのやつみたいです

 

f:id:kkmrG128:20170407225206j:plain

f:id:kkmrG128:20170407225149j:plain

f:id:kkmrG128:20170407225220j:plain

f:id:kkmrG128:20170407225233j:plain

 

レシラムの台って前にもあったよな?っと思って確認したら3月3日分でありました↓

f:id:kkmrG128:20170407232355j:plain

もしかしてダブりか?と思いましたが、よくよく見たら新しいほうはオーバードライブ状態でした!(しっぽの一部が赤くなってる)

 

 

 

今回スクショの取り忘れがあったのがとても悲しいです……ゲームしてるときは他のことはせず、ゲームに集中するべきですね!

f:id:kkmrG128:20170408001624p:plain

広告を非表示にする

サクラゴーラウンドが好き

【ポケモン】 音楽

アニポケのEDとして使われた曲『サクラゴーラウンド』がとても好きです

個人的にめっちゃ好きですがポケモン界隈ではそこまで有名曲ではないみたい?なのでプレゼンというか、好きなところを長々と語ります

 

 

 

今回記事にするにあたり、CDの初回生産限定ポケモン盤を新品で購入しました。新品が買えたことを喜んでいいのか複雑な気持ちです。まあでも、公式の出すものに対し正当な評価をするのなら、公式にしっかりお金を落とすべき派なので買えてよかったです
f:id:kkmrG128:20170403215118j:image

ディスクがモンスターボール模様でかわいい(^^)

 

 

◆曲(CD)の概要

曲名:『サクラゴーラウンド』

アーティスト:私立恵比寿中学

発売日:2013年6月5日(水)

定価:1,200円(税抜価格1,143円)

・アニポケベストウイッシュ109話~122話のエンディング曲として使用される

・エピソードN放映時のため、N・愛の女神・平和の女神とその関連ポケモンサーナイトゴチルゼルが中心のアニメーション

・CDでは、次EDの『手をつなごう』、(ポケモンとは関係ない曲ですが)『禁断のカルマ』と同梱

 

 

 あまり比較はしたくないですが、個人的には『手をつなごう』よりも『サクラゴーラウンド』の方が好きです。でもPVが用意されてない辺り、公式の認識は『手をつなごう』>『サクラゴーラウンド』なんだろうなぁと思います

 

 『手をつなごう』のPV↓

www.youtube.com

 

 

 

この歌の好きなところはまず、歌詞に「昔のポケモンっぽさ」が感じられるところです。具体的には、非常に「子供」(小学生を想定)の存在を意識している点です。

※歌詞の全文は掲載しません

 

昔のポケモンの曲で、子供の存在を強く意識しているであろう歌の例をいくつか挙げます↓

・『ポケットにファンタジー』…ポケモン好きの中では有名な曲だと思います。<早く 大人になりたいんだ>という子供のセリフが印象的です

・『たんけんたいをつくろう!』…<ひとりだけじゃちょっと怖いから仲間集めよう 探検隊を!>と子供達に探検しよう(外に出て遊ぼう)という呼びかけが感じられます

・『ママのだいじなポケモン』…マイナー曲なので、知らない人がいたらぜひ聞いてみてほしい曲です(歌詞が好きかどうかは別問題だったり)。<キミたちきっと“ママのポケモン”なんだね>と子供達をポケモンに例え、話しかけるような歌詞になっています

 

大人になった今、その子供心で過ごしていた日々の思いや出来事を、過ぎ去った過去として懐かしむことができる点が、非常に当時のポケモンっぽく感じられます

 

 

今回の歌の歌詞では、運動会やホームルームなど、学校を意識した言葉が多く出てきます(小学生のときはホームルームという言葉は知らなかったけど)

夏休みやチャイム、運動会などは、今大人である人にとって縁は無いが、多くの人が過去に少なからず関わっていて、何かしらの思い出を持つ可能性が高い内容だと思います。この辺りが、この歌において、子供の頃の懐かしい感情に深く繋がっているのだろうなと思います

 

 

歌詞の「懐かしさ」は、無印カントー編のノスタルジックな内容に繋がると思います。無印カントーがノスタルジックな作品であるという根拠は、当時のシリーズ構成をしていた首藤剛志氏のコラムからです↓

>僕は子供達が体験する懐かしい冒険の一時期を描くのがポケモンの世界だと思った。

>つまり僕は、『ポケモン』の世界を、サトシ(ひいては視聴者)の少年時代へのノスタルジーにしたかったのである。

 

出典:WEBアニメスタイル第143回 『ポケモン』第1、2話放映

http://www.style.fm/as/05_column/shudo143.shtml

 

サクラゴーラウンドは、「冒険」というよりは「日常」 的だと思いますが、歌詞に出てくる運動会などは、日常の中でも年に1回くらいしか無い特別なイベントという点では、ある意味冒険に匹敵するような思い出として懐かしむことができるものなのではないかと思います

 

サクラサク気分じゃなくてふくれっつらのことも あったっけ>

という歌詞の後には

<まるで コメディ映画だったよね それとも 学園大河ドラマ

と続きます。このあたりも、「日常の様々な出来事」に「劇のような感動」を見いだしていることと、「大人から見ると小さなこと」に「冒険心」を見いだしていることの共通性が感じられます

 

 

<まるで ジェットコースターだったよね それとも 季節のメリーゴーラウンド>

どちらも遊園地でおなじみの遊具であり、ここから、この歌の(いい意味での)子供っぽさが感じられます。ジェットコースターという例えは、日々が本当にあっという間の出来事だったという意味だと思います。しかし、この歌のタイトルが『サクラゴーラウンド』であるように、また今年も、去年と同じように桜が咲いているように、その過去だったものが今年も訪れているかのようなイメージから、同じところをぐるぐる回るメリーゴーラウンドが、次の例えになっているのではないかと思いました

 

 

<まわれ/つづけ いつまでも>

という歌詞も好きです。これは、楽しい日々が永遠に続きますようにという意味だと思います。現実には、みな歳を重ね、いずれ子供ではなくなります。それは子供自身もわかっていることのはずなのに、あえて命令形で<まわれ/つづけ>と言っている、叶わぬことを望む寂しさと、にもかかわらず明るく前向きで、まるで実現しそうな雰囲気で歌っているところが好きです

 

 

さらに、ここで表現されている過去の思い出が、永遠に続いてほしいと思うほどの「いい思い出」になってます。これは大人側からの、子供時代への理想と妄想(あの頃はよかった…というような)をある意味押しつけているのようにも感じられます。

 

<ひそかな夢を 語ったね おおきくなったら なにになる?>

と「夢のある未来を語る存在」として子供が描かれています。実際の子供達は、もっと現実的で夢なんて語ってないかもしれない。(少なくとも自分自身が子供の頃は、将来の夢を聞かれても答えれなかったので。)でも、何となく子供時代は楽しかった気がする(と思いたい)という、大人によって美化されてキラキラ輝く「あの日」になっている、明るい音楽も相まって、輝かせ過ぎているような感じが好きです

 

 

<空に思い出バルーン飛ばそうよ/約束のリボン結ぼうよ 色とりどりに/の>

 からも、空の青とそれに映えるカラフルなバルーンやリボンが目に浮かび、桜色とともに広がる鮮やかなイメージが、明るく広がる未来を彷彿とさせます

 

 

 <じゃあね じゃなくて さよなら?>

って最初に聴いたときは「サヨナラってNじゃん!?」と思いました。ちょうどアニメの話がNを中心としていたことと、ゲームBWのエンディング直前、Nがセリフを話している時に流れる曲で印象に残っていたのですぐに思い浮かびました

 

収録曲リストより、ディスク2の「40.サヨナラ」のことです↓

www.hmv.co.jp

 

 

 

曲の冒頭は、歌詞カードに記載はないものの「ぺーぽぺーぽぺーぽ……」 と言っています。これはどういうことなんだろうと思っていましたが、この歌のライブ映像(公式には出てないようで某違法up所で見ましたすみません…)ではラッパを吹くような振り付けだったので、おそらくラッパの音を表現しているのだと思いました

また、太鼓の音も聞こえるので、鼓笛隊のイメージがあるのではないかと思いました。鼓笛隊は、小学校高学年でやってる印象があります(個人的には)。鼓笛隊は、音楽による行進であり、行進は、隊を組んで足並みをそろえて動きます。小学校(子供時代の主な世界)も義務教育で決められたことを学び、また基本的に周りと同じ行動が求められます(例外などもあると思いますが大雑把な日本の教育への印象として)。画一的な行動が求められた当時への思い出の鍵として、鼓笛のような音楽になったのではないかと思いました

 

歌詞の大まかな内容としては、春の新たな出合いというより、過去の思い出と別れと再出発を意識しているように思いますが、曲調が明るく前向きな所も好きです。歌詞の内容が実は、(大人から見る)子供心によって理想化された輝く未来のようでもの悲しさがありますが、それに反するように楽しそうな雰囲気になっているのが良いです

 

 

 

ところで、タイトルの由来はなんだろうなと思っていますが、まず歌詞にも入っている「メリーゴーラウンド」は曲全体のイメージなんだろうなと思います。「ラウンド(round)」は、「回る・一周する」というような意味があり、これは季節が巡ってくることをまさに表しているものだと思います。「ゴー(go)」は、「メリーゴーラウンド」からの「ゴー」というのはあると思いますが、一応「ゴー(go)」自身にもにはいろいろな意味はあります。本当に意味の幅が広いのでいくらでも解釈のしようがありますが、「進む」「(時が)過ぎる」辺りの意味だと、エンドレスループの「回る」に対して、しっかり道を歩み、元の場所には戻らないことになり、反対の意味になるのでおもしろいなと思います(英語としての詳しい意味や実際の使い方よりあくまで辞書的な意味で取り上げています)

 

 

 

ずいぶん長くなりましたが、つまり要約すると「昔っぽくて懐かしさと寂しさを感じられる歌詞と、にもかかわらず明るくキラキラした曲調」が好きということです

 

 

 

 

最後に曲のイメージイラスト的な?ファンアートです。歌詞を再現しただけみたいな感じですがせっかくなのでということで↓

f:id:kkmrG128:20170325212322p:plain

なかなか歌詞のイメージ通りには描けてないんですが、なんか、サクラゴーラウンドなんだなとわかってもらえれば嬉しいです

広告を非表示にする

アニポケ20周年!!!

【ポケモン】 アニメ

1997年4月1日にアニメポケットモンスター第1話が放送されてから、本日で20年になります!!

アニポケ20周年!おめでとう!!

 

 

昔から継続されているスタッフさんも、途中から、途中まで参加のスタッフさんも皆様アニポケを作っていただいてありがとうございます。お疲れさまです

 

約20年間、ほぼ毎週放送していて、本当にすごいと思います。ずっと追い続けているので全話見てます。どのシリーズも大好きです

 

一応、1番好きなシリーズは、思い出補正も相まってやはり「無印カントー編」です。どの話も、サブタイトルやサムネイル画像を見るだけで、どんな話だったのかや印象に残っているシーンが目に浮かびます。そして何より、アニポケ全体の設定や世界観を少しずつ確定・構築していく途中の荒さが奔放さが好きです。思い出とか語り出すと長くなるので自粛します

 

 

無印やAG時代の話は、最後に見たの何年前だよ…というのが多くて記憶が曖昧なためモヤモヤしていたのもありましたが、最近はAmazonプライムビデオという超便利サービスがあって超便利です。

無印編くらい古くなると、DVDではなくVHSの時代なのでレンタルは望み薄ですが、Amazonプライムビデオなら全話見れます!(サイドストーリー等の一部スペシャルアニメは除く)。さらに、放送時間などがあるわけでもなく好きなときに好きな話を、そしてネット上からそのまま再生できるのでディスクを交換する手間もない

最初は、アニポケの為だけに登録するのは…と渋ってましたがアニポケの為だけに登録する価値はあります。月額325円でアニポケ見放題とか最高ですね!!むしろ、プライムに登録して、アニポケを見る以外に何ができるのか未だによくわかりません

 

 

昨年、ゲーム20周年を迎えた2月27日の時はちゃんと祝えなかったのでアニメこそは!

ということでファンアートです↓↓

 

サトシの手持ちになったことのあるポケモンを描きました。手持ちとカウントするか微妙な子は独断で省いたりしてます(すみません)。サトシの手持ちなのに肝心のサトシが本人がいないのは、ただ単に自分が人間キャラを描けないからです。

f:id:kkmrG128:20170401034316p:plain

アニポケの主役はやっぱサトシでないと!!

 

 

 

もちろん現在放送中のサン&ムーンも毎週楽しく見てます!この先の放送も楽しみにしています!

 

今後ともずっと応援していきますのでよろしくお願いします!

広告を非表示にする