びとうろうぽ記

全宇宙1兆51億人いるポケモンファンの一介  ※ファンアート注意※

ヘッダー/パソコン用の画像

MENU

EVs+cafeへ行ってきた

期間限定で開催された「EVs+cafe」に行ってきました。

 

公式サイト↓

www.pokemon.jp

 

■開催期間:2018年9月1日(土)~2018年9月9日(日)

 各日午前11時〜午後9時 ※午後8時30分 入場締切り

■入場料:無料

■実施場所:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース

 

 

開催期間が短いですね。でも夜までやってるのはありがたい感じ。六本木といえば、Pokémon the movie XY展が六本木ヒルズ展望台で開催されていた時に訪れたのを覚えています。頑張ってカフェの料理を食べてました。

ご参考までに→

Pokémon the movie XY展~六本木ヒルズ展望台でピカチュウに会おう!~【Lets】レッツエンジョイ東京

 

 

 

開場時間に合わせ、午前11時過ぎ頃到着。入り口付近でうちわを配布していたのでゲットしました。平日に行ったからか、人が並んでいる様子もなく、入り口にいるスタッフさんが「ご案内できます」のような声かけをしていたので、まずはギャラリーの方へ入場。作品に触るのはだめだけど、写真撮影は問題ないようなので、片っ端から撮らせてもらいました。

 

↓入り口入ったところ

f:id:kkmrG128:20181010214945j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215005j:plain

 

f:id:kkmrG128:20181010215042j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215105j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215526j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215506j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215128j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215156j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215225j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215251j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215311j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215342j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215403j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215424j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215449j:plain

 

 

ギャラリーの奥へ進むと、物販コーナーです。f:id:kkmrG128:20181010215544j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215704j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215608j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215639j:plain

 

書籍とクリアファイルを購入。クリアファイル、全部バラ売りだったのがちょっと残念でした。全種類購入するためにすべて手に取るのも大変だったし、レジ打ちの人も大変そうだったので、同じ作者の作品をセットでまとめたバージョンとかがあってもよいのではないかと思いました。

イベント終了後の9月10日から、今回買った本やクリアファイルなどがポケセンオンラインでも買えます。ポケセン実店舗でも売ってました。書籍は限定1万部限定のようです。

https://www.pokemoncenter-online.com/?main_page=product_list&keyword=EVS

 

  

買い物終了後、扉を出て右手(写真だと左手)に、カフェのスペースがありました。列に並ぶとメニューを渡され、少し列が進むと注文を聞かれたので答えると、注文内容にチェックをスタッフさんが入れて、その紙を渡され、その紙をさらに進んだ先の店員さんに渡して、その先で支払いと商品を受けとるという流れでした。平日だからか、わりかしスムーズに購入できました。

f:id:kkmrG128:20181010215735j:plain

f:id:kkmrG128:20181012211059j:plain 

 

食事スペースは、すべて立って利用するもので、建物内に少しと、建物の外に少しありました。今回は外のスペースを利用。皆譲り合いながら、アイスを置いて写真を撮ってました。ブイズの種類分、9種類から味が選べて、どれにするか迷いましたが、リーフィアの抹茶味で。

f:id:kkmrG128:20181010214922j:plain

f:id:kkmrG128:20181010215906j:plain

ひんやりつめたくて食べやすくておいしかったです。自分の胃と金にもっと力があれば、他の味も食べてみたかった…。

手拭きとスプーンは、アイスを受け取った場所でセルフサービスとして置いてありました。ただ、アイスは豆乳を使用し、健康などに気を遣っているのに、スプーンが使い捨てプラスチックなのはちょっと残念。

 

 

参加したアーティストの中で、既に知っていた人は杉森氏だけでした。アーティスト目当てで来ている人もチラホラいたみたいなので、有名な方々なんだなぁと感心するばかり。やっぱアートは実物を見るのがいいよね、ということくらいしかアートについては考えが及びませんが、現物をナマで見れるのはよいと思います。

 

一万冊限定で販売されていた書籍ですが、作品の画像と、アーティストへのインタビューと、ゲームにおけるブイズの歴史的な、歴代図鑑説明文が載っていました。歴代図鑑説明が一度に見れるのは嬉しい。イーブイ誕生秘話として、イーブイと、初代ブイズ進化3種のデザインについてのエピソードが読めたのも、ポケモンファンとしてはありがたいところでした。

 

 

 

ピカチュウの影がないポケモンの企画、これからも増えるんでしょうか。香川のヤドンとか北海道のロコンもありますし、第2、弟3のピカチュウの育成は順調…?どうせならいろんな世代から、単独活動ができるポケモンが出てきてほしいところです。

 

↓会場前の柱

 f:id:kkmrG128:20181010215933j:plain

 

ピカチュウ大量発生チュウ2018に行ってきました

2018年8月10日(金)~8月16日(木)に開催された、ピカチュウ大量発生チュウ」に、平日の某日に行ってきました。今年のタイトルは、「SCIENCE IS AMAZING かがくのちからってすげー!」です。

 

↓公式サイト

www.pokemon.co.jp

 

今年はイーブイが初登場らしいです。

 

 

 

***************

桜木町駅に着くと毎年恒例のピカチュウバルーンがお出迎え。

f:id:kkmrG128:20180903212243j:image

f:id:kkmrG128:20180903212003j:image

 

駅前ではうちわとサンバイザーを配っていました。

f:id:kkmrG128:20180903212233j:image

 

桜木町駅の装飾、今年はピカチュウに混じってイーブイもいます。

f:id:kkmrG128:20180903212011j:image

 

 

11時に「Pokémon Synchronicity」の整理券が配布されるということで、まずはそれを目指して出発しましたが、遅刻して12時頃到着した時には、既に整理券の配布は終了していました。

↓おそらく整理券配布場所付近

 f:id:kkmrG128:20180903212222j:image

 

しょうがないので、そこから汽車道を通って「横浜ワールドポーターズ」へ。適当に歩いていたら、チェックポイントなるものがあり、どうやらラリーイベントを行っているようでした。知らなかった。

f:id:kkmrG128:20180903212212j:image

スタート地点を見つけ、並ぼうとしたら、「コチラは、小学生以下のお子さまのみ対象となります!大人の方のみのご参加はご遠慮いただいております!」とのアナウンスが目の前で行われ、泣く泣くその場をあとにしました。

 

 

その後、ピカチュウの行進を見るために「クイーンズスクエア横浜」へ。既にピカチュウが通るであろうルートに沿って多くの人が待機していました。

f:id:kkmrG128:20180903212202j:image

開始時刻になると、ピッピッピッピッ…とどこからか笛の音と音楽が。だんだんと音が大きくなり、ついにピカチュウが列をなして登場。でも人が多くてほぼ見れず、音だけが通過。通りすぎても人はあまり引かず、どうやらUターンして戻ってくるらしい?のでしばらく待つことに。本当に戻ってくるのか不明で、痺れを切らして立ち去る人がチラホラいたため、先程よりも前の立ち位置を確保。さらにしばらく待っていると、再びあの笛の音が!

↓復路を行進するピカチュウ

 f:id:kkmrG128:20180903212140j:image

 f:id:kkmrG128:20180903212130j:image

 

ピカチュウの行進を見送ったのち、「みなとみらい駅」に向かいました。すると、コチラにおしりを向けるピカチュウの姿が…!思わず吸い込まれるように近づいてしまう...。

f:id:kkmrG128:20180903212121j:image

↓あざといポーズ

f:id:kkmrG128:20180903212111j:image

 

 

続いて、「ランドマークプラザ」にある「ポケモンセンターヨコハマ」へ。案の定、入場制限が行われていました。ポケセン以外の各所で物販コーナー設ける意義を感じる。

f:id:kkmrG128:20180903212103j:image

 

その後、「ピカチュウの船上グリーティング」を見るつもりで「日本丸メモリアルパーク」周辺にいたら、悪天候によりグリーティングイベント中止とのお知らせがあり、残念ながら見れず。ただ、場所が「Pokémon Synchronicity」の会場でもあったので、下見がてら、しばらく辺りをフラフラしました。

f:id:kkmrG128:20180903212054j:image

f:id:kkmrG128:20180903212045j:image

↓「17時30分以降、日本丸芝生エリアはイベント開催の為、入場規制を行います。ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。」

f:id:kkmrG128:20180903212028j:image

f:id:kkmrG128:20180903212036j:image

f:id:kkmrG128:20180903212019j:image

 

 

「Pokémon Synchronicity」の開場が18:30と遅めの時間なうえ、船上グリーティングも中止で、開催まで待ち時間がそれなりにありました。ただ、雨が強く、このままの天気だと中止もありそうな感じで帰ろうか迷いましたが、ためしに18時より前に観覧入り口に行ってみたら、既にそこそこ人が並んで待機していたので、一緒に並んで待つことにしました。

18:30になり開場が開始し、観覧スペースに入ることができました。弱い雨は降っていましたが、とりあえず開催する方向で動いているもよう。入場する際に、光る棒とレジャーシートが一人ひとつずつ配布されました。

f:id:kkmrG128:20180903211955j:image

↓広げたレジャーシート

f:id:kkmrG128:20180903211947j:image

 

開演が20時なので、これまたしばらく待ちました。19時頃から音楽が流れてきてびっくり。ゲームのオープニング曲のアレンジ(だと思う)が格好良かったです。他にも、ダイパのなみのりとか、フレンドリィショップとかも流れてました。でも、ずっとポケモンの曲ではなく、知らない曲も流れてたように思います。

f:id:kkmrG128:20180903211940j:image

↓モンボやピカチュウの絵が映り流れる観覧車

f:id:kkmrG128:20180903211931j:image

f:id:kkmrG128:20180903211922j:image

 

開演ちょい前から、光る棒が勝手に光り始めました。物販コーナーで買ったぬいぐるみと一緒にパシャリ。

f:id:kkmrG128:20180903212310j:image

 

スクリーンにデジタルテクノロジーな映像が流れ、開演。足から水を噴射して宙に浮く人や、ピカチュウの着ぐるみに映像を投影して、デジタル感(?)を表現していたりして、面白かったです。演出のキメのところで吹いた火が熱くてみんな驚いてました。

f:id:kkmrG128:20180903211910j:image

f:id:kkmrG128:20180903211916j:image

奥にある四角い台に乗ったピカチュウが、映像を投影されながら踊ってましたが、席が席なのでめっちゃ斜めから見ることになりました。

基本、スマホのカメラを回しながら観覧。自分が後で見返すための録画なので大してキレイには撮れませんでしたが、しっかりした動画を見るなら公式のやつがあるのでそれでOKということで。 

twitter.com

 

 

イーブイの行進のほうは、残念ながら、結局行きませんでした。ちょっと遠かった…。やはり全部見て回るには、数日かけていく算段にするべきですね。席を取る時間も必要だし。でも、今年はポケモンGOのイベントがないおかげで、昨年よりかは若干空いてたかな?あと、ピカチュウイーブイと一緒に行進したり踊ったりする人たちの男女比率が、女性のほうが多かったようなので、今後半々を目指してもよいのではないかと思いました。

 

 

 

大量発生チュウのイベントも、5年目の開催となり、もはや、毎年恒例の夏のイベントになってきた感じがあります。横浜市との協定で、2020年まで続ける予定のようですが、昨今のオリンピック・パラリンピックに関するニュースを見ていると、2020年は大丈夫か?と不安になります。オリパラ開催期間が「07/24(金)~08/09(日)」らしいので、日程重複は避けられそう??オリパラ期間中は関東での外出は控えたいし、なんとかうまく調整されることを願います。

 

 ↓今年(2018年)の「横浜市記者発表資料」PDF (閲覧2018/09/09)

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201804/images/php9XkZSR.pdf

 

 

 

2018年は、「デジタルテクノロジー」「夜開催」「イーブイの登場」が、主な新要素でしたが、果たして来年は何を目玉にするのか。2019年も、行けたら行くので楽しみにしてます。

 

f:id:kkmrG128:20180909220234p:plain



 

ゲーム「名探偵ピカチュウ」をクリア・感想

2018年3月23日(金)発売「名探偵ピカチュウの感想です。ネタバレもあります。

 

↓公式サイト

www.pokemon.co.jp

 

 

f:id:kkmrG128:20180324214422j:imageパッケージ版をポケセンで買ったので、パッケージ版特典のラバストと、ポケセン特典のストーリーブック&しおりをゲットしました。 

 『名探偵ピカチュウ』の早期購入特典として、パッケージ版を購入の方には「名探偵ピカチュウバーキーホルダー」を、ダウンロード版を購入の方には『名探偵ピカチュウ』のニンテンドー3DSのオリジナルテーマを、それぞれプレゼント!

『名探偵ピカチュウ』の早期購入特典、大公開!|ニュース|『名探偵ピカチュウ』公式サイト

(閲覧2018年9月3日)

http://www.pokemon.co.jp/ex/meitantei_pikachu/news/01.html 

 

3月23日(金)に発売予定の、ニンテンドー3DSソフト『名探偵ピカチュウ』パッケージ版の予約がスタート!全国のポケモンセンターポケモンストア、ポケモンセンターオンラインで、早期購入すると、ここでしか手に入らないスペシャルなプレゼントがもらえるよ!

 

(1)早期購入でプレゼント!
パッケージ版を早期購入された方には、特別なストーリーブック「名探偵ピカチュウ ~第0章 イーブイからの依頼~」をプレゼント! 名探偵のピカチュウが、相棒のティムと出会う直前に解決した事件のストーリーが、書き下ろしで掲載されているよ! ポケモンセンターだけの豪華な特典を、ぜひ、手に入れてね!
さらに、「名探偵ピカチュウバーキーホルダー」もついてくるよ!

※「名探偵ピカチュウバーキーホルダー」は、ポケモンセンター限定ではございません。

 

ポケモンセンター限定『名探偵ピカチュウ』の早期購入特典を公開! | ポケットモンスターオフィシャルサイト

 (閲覧2018年9月3日)

http://www.pokemon.co.jp/info/2018/01/180112_p03.html

 

 

特典のブックは、電子書籍でも読めました。

ニンテンドー3DSソフト『名探偵ピカチュウ』の前日譚を描いた小説「名探偵ピカチュウ 〜第0章 イーブイからの依頼〜」が、電子書籍で読めるよ!
3月23日(金)~5月15日(火)までの期間限定で、Apple iBooks Store, Amazon Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストアに登場。無料で読むことができるよ。ニンテンドー3DSソフト『名探偵ピカチュウ』の発売を記念して書き下ろされた本編の前日譚にあたるオリジナルストーリー!
なぜか人間の言葉がわかる自称「名探偵」のピカチュウは、自分の言葉がわかる人間が現れるのを夢見ていた。そんな名探偵ピカチュウのもとに、「庭を荒らした犯人を見つけてほしい」というイーブイからの依頼が舞い込んだ!

 

『名探偵ピカチュウ』の電子書籍が登場! | ポケットモンスターオフィシャルサイト

 (閲覧2018年9月3日)

http://www.pokemon.co.jp/info/2018/03/180323_gm01.html

ダウンロードしました。ピカチュウ以外のポケモンも、ピカチュウとの会話としてバリバリ喋ります。クリア後に読んだら、ゲーム中に出てきたモブキャラが登場していたことに気付くなど。

電子書籍は、実物を手元に置いておかなくても、読みたい時に内容を確認できるので便利でよいですね。2018年5月15日(火)までの期間限定でした

 

  

製品版が出る少し前から、体験版で遊べました。体験版は、黒い羽根の持ち主がヤミカラスであることがわかった辺りまでです。体験版もやっていたので、その続きのデータからになるのかと思ったら、チャプター選択ができたので、チャプター1のパート2を選んでみたところ、体験版よりちょっと進んだところから再開して????

どうやら、「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」を以前購入していたため、チャプターを選べたっぽい??「新コンビ誕生」の方は、別のDS本体でダウンロードしてるんですが、ニンテンドーのアカウントの何かでなんか情報が共有されてたりとかするんでしょうか???

ともあれ、「新コンビ誕生」をプレイ済なので、ちょっと途中になっても気にせず続けました。内容は、取り扱い説明書を読む感じ、新コンビ誕生とほぼ同じだけど、少し違う部分はあるようです。

  

 

ゲームの感想。全体的によかったなと思ったのは、登場ポケモンの出身(?)地方が比較的分散していたところです。カントー以外のポケモンがいっぱい出てる!コロトックとかシュシュプとか、マイナーめなポケモンに出番があっただけでも歓喜。馬っぽいポケモンポジションがゼブライカだったりするのも嬉しい。グッズ展開におけるカントーポケモンの多さにモヤモヤしてるので、他地方のポケモンの活躍が楽しいです。

ゲームの世界観、より現実世界に近づけた空間に、ポケモンが配置されているのが印象的でした。インタビュー記事で、モンスターボールが出てこないと書いてありましたが、言われるまでそのことに気づきませんでした。モンボのないポケモンの世界も面白いですね。

ちなみに、好きなチャプターは、廃墟遊園地のところです。全体的に漂う悲壮感がよい。BGMも好きです。リザードンがいなくなってさみしいニャビーミミロル、事件のあともずっとそこで暮らしてるポケモン達。人間のいない人工の空間に息づくポケモンは、ポケモンは自然の一部であるということを思い起こさせてくれる感じがあります。

 

ピカチュウが喋ることについてですが、最初から「喋るピカチュウ」として登場しているので、比較的大丈夫です。ロケット団ニャースと同様に。個人的には、特典小説でイーブイ達がしゃべってたやつの方が苦手でした。表情についても、「ああいう動きをするピカチュウ的なもの」として認識してるので、“そういうもの”ということにできます。

おじさん風のピカチュウですが、「いつものかわいいピカチュウではなく、おじさんにすることでギャップを生み出している」という挑戦的な姿勢はいいと思います。ただ、そのおじさんの描かれ方がイマイチよろしくなかったかなと思います。ティムくんへセクハラしたり、女性へ鼻の下を伸ばした態度をとったり。ティムくんへ、エミリアさんはどうだ、とからかうのはアウトですね。ピカチュウの皮を被った、なんだかイヤなオジサンな感じでした…。

あと、レポーターのエミリアさんが今作のヒロインのようですが、エミリアさんは大人で、ティム君が子供(未成年)だとすると、この2人にひやかしを入れるのってどうなの?と思いました。エミリアさんの方が大人なのに、ティム君がエミリアさんを守ろうとするところとか、まあ彼が主人公だからというのもあると思いますが、ちょっとなぁという感じです。

 

物語の最後、結局ティムくんのお父さんの行方は不明のまま…?これからもコンビでの活躍は続く…みないな終わり方でしたが、続きのお話も考えているということでしょうか??ミュウツーの細胞は取り戻したけど、ミュウツーピカチュウのやりとりにも謎が残ったままですね。そもそも何でティム君だけ、このピカチュウの言葉を理解できるのかも謎のままでした。来年(2019年)にハリウッド映画で名探偵ピカチュウをやるようなので、そこで明かされたりとかもあるのか…?

 

 

今作は謎解きアドベンチャーなシステムですが、謎解きは比較的簡単なうえ、ミスしてもペナルティがなくやり直せるので、イージーな難易度だったと思います。

また、ピカチュウサインはメインメニュー画面から見返せるので、頑張ってカメラを構えずにすむのでよいです。あと、セーブデータが3つあって、好きなチャプターから進められるのもよい。見たいセリフやシーンにアクセスしやすいのは助かります。できれば、ストーリーのムービーも、ムービーだけ見返せればなぁと思いました。

せっかく英語版の音声もあるということで英語版でもプレイしました。英語がわからないので、謎解きシステムがやさしいのはとても助かりました。ただ、チャプター最後のムービーのセリフをセリフログで見返せないのがちょっと不便ですね。

 

 

 

ところで、以前発売されていた、「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」が配信されたのは、2016年2月3日で約2年前。2016年秋にサン・ムーンが発売だったので、6世代の頃なんですね。当時購入しました。最後、ミュウツーが出てきたと思ったら、中途半端に終わってびっくりしたのを覚えています。 

www.nintendo.co.jp

 

  

それと、クリーチャーズの公式ツイッターが、開発秘話的な話をつぶやいてました。公式側の見解は、二次的な公式情報としてメモっておきます。  

twitter.com

 

 

 

まとめ。リアルな町中(日本じゃないけど)に、等身大に息づくポケモンがよかったです。アニメやゲームとは、また少し異なる世界観の登場により、ハリウッド映画がどうなるのか…?喋るピカチュウの謎は解明される時が来るのか…?今後の展開を待ちます。

ポケモン映画2018『みんなの物語』感想

ポケモン映画第21作目として2018年7月13日(金)に公開された劇場版ポケットモンスター みんなの物語の感想です。ネタバレを含みます

 

※小説版も読みましたが、今回の感想を書くにあたって、考慮していません。

※"(ポケモン名 西暦)"の表記については、歴代のポケモン映画のメインポケモンと公開年を示しています。

※現時点で映画は3回見てます。

 

ポケモン映画公式サイト↓ 

http://www.pokemon-movie.jp/

ポケモン映画プレイバック・ザ・ヒストリー↓

http://www.pokemon-movie.jp/history/

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  

 

 

 

 

続きを読む

2018年上半期記事一覧

2018年上半期(1月~6月)に投稿した記事の一覧をまとめました。古いものから順番に並べています。

 

2018年1月~6月を振り返ると、

・常設のポケモンカフェと、ポケモンセンターDXがオープン

・新ポケモンゼラオラ公表(2018年映画『みんなの物語』)

・「名探偵ピカチュウ」発売(3月23日)

・『ポケモン新作発表会』にて、「Let's Go ピカチュウ」「Let's Goイーブイ」の発売を発表

・「ポケモンエスト」配信開始(スイッチ:5月30日 スマホ:6月27日)

辺りが主なトピックスになりますでしょうか。

 

f:id:kkmrG128:20180722193655j:plain

 

 

◆1月 

bitouroupoki.hateblo.jp

 

◆2月

bitouroupoki.hateblo.jp

 

bitouroupoki.hateblo.jp

 

 

◆3月 

bitouroupoki.hateblo.jp

  

bitouroupoki.hateblo.jp

  

bitouroupoki.hateblo.jp

 

 

◆4月 

bitouroupoki.hateblo.jp

  

bitouroupoki.hateblo.jp

 

 

◆5月 

bitouroupoki.hateblo.jp

 

 

◆6月 

bitouroupoki.hateblo.jp