びとうろうぽ記

欲とポケモン連れ

ヘッダー/パソコン用の画像

MENU

最強ゲッコウガに勝った~

ポケモンSV』で期間限定開催の「★7の黒い結晶のテラレイドバトル」の「最強のゲッコウガ」に挑んで勝てました

今回出現するゲッコウガはどくテラスタイプで、非常に強力なポケモンです。
本イベントで出現する最強のゲッコウガには、「さいきょうのあかし」がついています。

期間
2023年1月27日(金)9:00~1月30日(月)8:59
(次回予定)2023年2月10日(金)9:00~2月13日(月)8:59

 

出典:黒い結晶のテラレイドバトルに最強のゲッコウガが出現中!(閲覧2023年1月27日JSThttps://sv-news.pokemon.co.jp/ja/page/27.html 【魚拓】

 

目をつむったゲッコウガが草原の中央に立っている

目をつむった(?)ゲッコウガはかわいい。ただ、ゲッコウガはパルデア図鑑に登録されないポケモンなので、図鑑の「動きを見る」が確認できないのが悲しい。

 

ちなみに攻略は、マルチは利用せず、ソロプレイのヤドランで行けました。このヤドランは、前回の黒い結晶テラレイドバトルの「エースバーン」攻略用に用意した子でしたが、そのまま流用していけました。※最強エースバーンは捕獲できなかった話はコチラにて…。

 

*************

いま気になるのは、『Pokémon HOME』との連携について。2023年1月12日のお知らせにおいて、ランクバトルに関するアップデートの話があり、本日そのアップデートが実施されましたが、ポケモンの移動については未定なようです。サブロムの『スカーレット』のポケモンをメインロムの『バイオレット』に移動するために『HOME』を利用したいので、預け入れ対応をずっと待ってます…。

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』でのランクバトルの戦績が、
スマートフォン版『Pokémon HOME』で確認できるようになりました。

過去に開催された各シーズンでどのポケモンが多く使用されていたか、どのテラスタイプが多かったか、などを確認することができます。

 

出典:『Pokémon HOME』でこれまでの戦績をチェック!(閲覧2023年2月2日JSThttps://sv-news.pokemon.co.jp/ja/page/40.html 【魚拓】

ポケモンの預け入れは「2023年春」を予定しているということで、3月~5月頃には実装されるのかなという予測ですが、どうなるかな…。

ところで、昨年2022年5月12日時点でのお知らせでは、ヒスイ地方のゾロアークの姿が映っています。パルデア地方でヒスイゾロアークには会えないわけですが、『HOME』連携時点で過去作に登場したすべてのポケモンを『SV』に連れていけるとは思えないし、これはどうなるんでしょうか…?

 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は、発売後に『Pokémon HOME』との連携を予定しているよ。
これによって、ほかの地方のポケモンたちを『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』でも活躍させることができるようになるよ!

左手前にルカリオのうしろすがた、右奥にヒスイゾロアークがバトルしているゲーム画面

出典:『Pokémon HOME』と『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』が連携予定!|ポケットモンスターオフィシャルサイト(閲覧2023年2月2日JSThttps://www.pokemon.co.jp/info/2022/05/220512_gm02.html 【魚拓】

 

*************

1月中に『SV』の感想・総括を終わらせたいとか言ってたのに、全然まだ終わってないぜ。でもさすがに2月中には完成できるでしょ…。なるはやで頑張ります。

 

また最強エースバーン開催してくれよな

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(SV)』における「黒い結晶のテラレイドバトル」の「最強のエースバーン」イベントが終わりました。みんなエースバーンを捕獲できたんでしょうか。自分はまさかの開催期間を勘違いしていて、捕まえ損ねました。悲しい。

1月16日(月)8:59までの期間、2023年の卯年にちなんで★7の黒い結晶のテラレイドバトルにエースバーンが出現中!
エースバーンは通常のプレイでは出現しません。
今回出現するエースバーンはかくとうテラスタイプで、非常に強力なポケモンです。

 

出典:黒い結晶のテラレイドバトルに最強のエースバーンが出現中!(閲覧2023年1月23日JSThttps://sv-news.pokemon.co.jp/ja/page/19.html 【魚拓】

 

対エースバーン用のヤドランの育成は完了していたのに、一度も戦えずに終わるとか辛すぎる…。最近『SV』を買った人もいるだろうし、ポケモンはそもそも発売後もじわじわ売れ続けるタイプのゲームだったはずなので、後から買う人にも優しくあるために、またこのエースバーンと出会える機会を作ってほしいと思います。

*************

ところで売り上げといえば、一応ファミ通の記事いわく、「9週連続販売数首位」らしいですね。こういうランキングは、発売のタイミングにも左右されるので、一概に言えるものでもありませんが、ある程度の数が継続して売れ続けているのは確かなようです。

2023年に入っても『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の勢いはとどまらず、今週も64799本の売上を記録。9週連続での首位獲得となった。

 強力なポケモンとのバトルが楽しめる“イベントテラレイドバトル”や、世界中のプレイヤーと対戦できる“ランクバトル”などやり込み要素も豊富なため、まだまだ新規で参戦するユーザーは増えることが予想される。

 

出典:【ソフト&ハード週間販売数】9週連続で『ポケモンSV』が首位に! 新作では『ワンピース オデッセイ』がランクイン。PS5の累計販売台数は2…(閲覧2023年1月23日JSThttps://www.famitsu.com/news/202301/19290020.html 【魚拓】

いやあ、『SV』ってそんなに売れてるのか…。あんなバグだらけでゲーム処理のなってない完成度の低いゲームが、売り上げ本数だけはいいの、ゲーム好きとして恥ずかしいです…。『SV』より売り上げでは劣れど、クオリティが高いゲームはいくらでもあるでしょうに…。

いかんせん売り上げだけはよかったせいで、完成度の低いゲームを発売したことへの反省が十分にされそうにないのが恐ろしい…。「(目先の)売り上げがよかったのだからコレで問題ない」という判断がされかねず、同じことを繰り返すのではないかという不安がすごい。「資本をより多く獲得すること」が何より"正しい"こととして扱われる現代の仕組みはやはり問題がありますね…。「仮に売り上げが落ちるとしても、よりよいゲームを作ろう」という気概をクリエーターには持ってほしいし、そのような態度のほうが正しいと、少なくとも自分は思います。

*************

次の「黒い結晶のテラレイドバトル」はどくタイプにテラスタルする「最強のゲッコウガだそうです。「最初の3匹の最終進化系」かつ、「元のタイプとは異なるタイプにテラスタルする*1」シリーズが続きますね。テラスタルするタイプが、そのポケモンのモチーフやイメージに被っているのも共通しています。

1月27日(金)9:00~1月30日(月)8:59、
2月10日(金)9:00~2月13日(月)8:59、
の2つの期間、★7の黒い結晶のテラレイドバトルにゲッコウガが出現します!
ゲッコウガは通常のプレイでは出現しません。
今回出現するゲッコウガはどくテラスタイプで、非常に強力なポケモンです。
本イベントで出現する最強のゲッコウガには、「さいきょうのあかし」がついています。
この機会にトレーナー同士の力を合わせて、勝利を目指してみてください!

 

出典:【予告】黒い結晶のテラレイドバトルに最強のゲッコウガが出現!(閲覧2023年1月23日JSThttps://sv-news.pokemon.co.jp/ja/page/26.html 【魚拓】

このゲッコウガがどのような技構成を持つのかによって、有利なポケモンもおのずと決まってくると思うので、詳細が判明するイベント開催後に、ポケモンの育成を始めたいです。

なんかこういう、攻略方法を探したり共有したりする人がそれなりにいるのが、売れてるゲームのいいところですね。とりあえず王冠とかは買っておくかな…。

 

ところで、「黒い結晶のテラレイドバトル」って何回くらい続ける予定なんですかね。今後の予測としては、『ソード・シールド』の「エクスパンションパス」のような追加ダウンロードコンテンツDLC)が来る可能性が高そう…。まだ何の情報もないけど…。

何か情報が来るとすれば、やはり2月27日のポケモンデーに、DLCの配信日程(もし配信されるなら)とか出るんでしょうね。DLCはもう出るものだと勝手に思ってますが、出るとしたら何がでるかな~。存在を匂わせておいて明かされていないパラドックスポケモンとかが個人的に気になるところです。

 

*************

ご意見・ご感想などは「Lit.Link」の「CONTACT」からお願いします。

左側にポフのみのアイコンイラスト、右側に「Lit.Link」の文字

*1:「ほのお・ひこう」タイプの「リザードン」が「ドラゴン」タイプに、「ほのお」タイプの「エースバーン」が「かくとう」タイプにテラスタルしていた。「みず・あく」タイプの「ゲッコウガ」は「どく」タイプにテラスタルする。

ポケモンの総数、1000超えたね

ツイッターでの前日の予告の後、Pokémon 1008 ENCOUNTERSという動画が2023年1月12日(木)23時(JST)にYouTube上で公開されました。

youtu.be

1,008種類のポケモンたちとの出会いと発見をつめこんだ記念映像「Pokémon 1008 ENCOUNTERS」が公開!

151種類のポケモンが発見された『ポケットモンスター 赤・緑』から始まり、これまでに発見されたポケモンは、ついに1,000種類を突破したよ!
全てのポケモンたちとの、さまざまな出会いや冒険を振り返ろう!

 

出典:【公式】Pokémon 1008 ENCOUNTERS - YouTube(閲覧2023年1月16日JSThttps://youtu.be/qYJwN4cvde0

 

 

続きを読む

あけおめです(2023)

2023年あけましておめでとうございます。

 

今年の干支は「うさぎ(卯)」だそうです。うさぎモチーフのポケモンはいろいろいますね。どの子もかわいくて好きです。そういえば、最強エースバーンのレイドが行われたのは、「卯年」だからなんですね…(予告にもそう書いてある)。

扇子とみずタイプテラスタルが合体した物を手に持つマリルリのイラスト

*************

昨年2022年は、1月に『PokémonLEGENDSアルセウス(アルセウス)』、11月に『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』が発売されました。

アルセウス』は、シリーズ初の「アクションRPG」であったり、「昔のシンオウ地方」である「ヒスイ地方」を舞台にしているなど、新たな試みが印象的な、第8世代最後の作品でした。『アルセウス』の感想はコチラ

一方、『SV』は、まったく新たな地方(パルデア地方)、新たな最初の3匹や伝説のポケモンが登場する、「完全新作」の「ポケットモンスターシリーズ」として、第9世代を開幕させました。『SV』の感想文の総括は今書いていて、1月中には終わらせたい気持ちがありますが、どうなるかなぁといった感じです。

*************

2023年でわかっている予定としては、テレビアニメの「ポケットモンスター」が、ついに主人公を変えて、新シリーズを4月から放送することがわかっています。これについては別記事にしないといけないほど言いたいことが色々あるんですが、記事にするかは未定です…。

ところで2022年中に来年の映画の予告がなかったということは、2023年もポケモン映画の新作はやらないのかな…?2023年にやらなくても、2024年にまた新しい映画を作ってくれてもいいんですよ…?

*************

あとまた2月はポケモンデーがあり、そこで色々ゲーム関連の最新情報が出るだろうし、逆にそれまでの期間はあまり目新しい情報は出なさそうかな…。昨年のポケモンデーに関する話はコチラ

しばらくは『SV』のレイドイベントとかを頑張りたいですね。ちなみに年末なのに忙しくて、まだエースバーンはゲットできてないです…。

*************

2022年は惰性で生き延びたけど、2023年もポケモンはまだまだ元気そうだし、2023年もなんとか生存を頑張らなきゃいけなさそう…。本当は早く人生退場したいんですけど…。

まああの『SV』とかいう、どうみても未完成な出来であれだけ本数売り上げるんだから、ポケモンの新作を出すのをやめるのは難しいよなぁと思います。でもあんな雑な"商売"してたら、いずれ見限られるだろうし、はやめにブランド依存で売るのをやめて、作品作りにもっと向き合ってほしいなと思ってます。

 

それでは今年もよろしくおねがいします。

 

*************

ご意見・ご感想などは「Lit.Link」の「CONTACT」からお願いします。

左側にポフのみのアイコンイラスト、右側に「Lit.Link」の文字

 

『ポケモン バイオレット』感想・プレイ日記⑦(エンディング後の世界をうろうろ。最強のリザードンをゲットしたり)

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(SV)』の『バイオレット』をプレイしている進捗や感想です。内容のネタバレを含みます。エンディング後の世界を遊んでいます。

 

  • 他の感想文
  • 箇条書きによる感想
  • おわりに

 

続きを読む