びとうろうぽ記

欲とポケモン連れ

ヘッダー/パソコン用の画像

MENU

LEGENDSアルセウス感想④(イダイトウに乗れるようになった)

PokémonLEGENDSアルセウス』の感想&進捗4つ目です。発売前から存在が判明していたイダイトウに乗れるようになり、水上を移動できるようになりました。

 

前回③はコチラ↓

bitouroupoki.hateblo.jp

 

 

 

 

以下、箇条書きになります。
・前回名前だけ登場していたユウガオと初対面。結構なお年でした。

ユウガオ初登場場面のスクショ

・そしてなぜかウォロと戦うことに。ウォロ出番多いですね。

ウォロとバトルする場面のスクショ

・ウォロの2匹目がフカマルで、明らかにシロナと被せてる感。1匹目のトゲピーも、強化後シロナの手持ちと被るし…。

・また新しいキャラ、野盗三姉妹ってギンガ団本部の黒板に貼ってあった似顔絵の人達ですね。歌舞伎っぽいメイクと動きだな…。

三姉妹登場場面のスクショ

三姉妹が名乗る場面のスクショ

・ガチグマが何タイプがわからないので、運を天に任せて勘で戦闘のポケモンを決めて、ガチグマ戦へ。これはいたって普通のバトルなんですね。

ガチグマ登場場面のスクショ

・じめん・ノーマルタイプのようですが、どのようなモチーフなのか分からない…。手持ちはフタチマルで戦ったので余裕でした。

リングマヒメグマが近くにいて、「クマ」と名前についているので、リングマのリージョンかなと思ったらそうっぽいですね。

ガチグマは、発売前時点では公開されていない「ポケモンライド」の一体、ということでした。他にも非公表のライドポケモンがいたりする?

・ガチグマ解禁直後、早速宝掘りしたら、謎のポエムが出てきたんだけど??「ふるいポエム9」ということは、他にもポエムが埋まっているということで、これを探すのも遊びのひとつみたいな感じですか?

アンノーン集め、別枠で用意されているとは…。たぶん自力じゃ全部見つけられなくて、攻略サイトを頼ることになりそう…。探すときの画面酔いもキツいだろうし…。

・デンボクさん達、争いのない新天地を求めてヒスイに来たの?元々住んでいた場所では、どこかとずっと争っていて、そこから逃げた的な?先住民のいる土地(※憶測です)に新たに足を踏み入れる方が、争いを生みそうな気がするんですが…。

デンボクが話す場面のスクショ

・どうやら次のボス戦は、ドレディアのよう。1回目のボスのバサギリは、ヒスイの新ポケモン(既存のポケモンから進化)でしたが、ドレディアは既存のポケモンなので、リージョンフォームになりそう?

コダックのサブ任務を終えた後、家の中のベッドで寝てるコダックがかわいい。

・ここでランクが「イツツボシ」になりました

イツツボシになった場面のスクショ

・全身が金色に光ってるため、初見だと詳しいデザインがわからないのが、未知な感じでいいですね。バサギリは発売前から姿を公表していたので気になりませんでしたが。

金色に光るドレディアのスクショ

ドレディア戦はちゃんとタイミングを合わせて回避して、シズメダマをぶつけて、ができて、それなりの戦いになったと思います。攻撃パターンも、素早い攻撃の他に動きの遅い攻撃があり、適当に回避しているだけだとタイミングが合わずに攻撃を食らうので戦いがいがありました(初見はくらった)。

・ウォロ頻繁に出番あるし、なんか怪しい人って感じですね。イチョウ商会としての仕事をしている様子もあんまりないし…。

金色の光が取れたドレディア、ずいぶん細身ですね…。なんか人間ぽい足の付き方が微妙…。色合いも相まって、レオタード着てるみたいで、ポケモンのデザインとしてはどうなの…と思いました。

正面から見たドレディアのスクショ

横から見たドレディアのスクショ

メイン任務「ヒナツの悩み」達成。一区切り付きました。

・ギンガ団の初上陸ってそんなに大きな出来事なんです…?誰も住んでいない土地ならまだしも、前から住んでる人たちはいたのに…。主人公はギンガ団所属だから、ギンガ団視点ということでしょうか。

初上陸の話をするデンボクの場面のスクショ

・「ポケモンが好きかどうか」を聞かれるターンは、過去作でも何度も出てきますが、ポケモンが好きかどうかって正直そんなに大事なことじゃないと思います。「嫌いなことに関わり続けるのはしんどい」という意味では、「好き」な方がいいとは思います。でも「正しく向き合う」にあたっては好きか嫌いかは重要じゃないですよね。これ「いいえ」選んだらなんて返されるんだ…。

好きというのは…とデンボクが話す場面のスクショ

・髪結いの種類、少ないと思ってたけど増えてよかった。

・3つ目のエリア、「群青の海岸」に到着しました。これでストーリーも中盤くらいかな。

群青の海岸到着場面のスクショ

・サブ任務「グレッグルの毒に効能アリ」。ポケモンは別に「助けている」わけじゃないよなと思いました。人間側が「助かっている」だけでは。「(これで)もっと人やポケモンを助けられる(だろう)」と言っていますが、ポケモンの能力の使い道がわかったところで、それで助かる存在の大半は人間が占めるのでは…。まるで「人間がポケモンの能力を有効活用することは、人にもポケモンにも同じように利益になる」かのように印象付けた語りは欺瞞に映ります。

キネのセリフ①

キネのセリフ②

カイとまたバトル2対1とかマジ…。なかなかにきつかったです。今作のバトル、難易度そこそこ高い気がします。

カイとのバトルのスクショ

・状態異常、「こおり」じゃなくて「しもやけ」に変わってる…。効果も違う…。

フタチマルダイケンキに進化!みず・あくタイプなんすね。発売前時点ではシルエットのみ公表されていましたが、やっとその姿を拝めました。これまで発見されていた姿では薄黄色だった部分があくタイプっぽい黒地に赤へ。早く公式絵でみたい。

ダイケンキに進化した場面のスクショ

「ひけん・ちえなみ」が新技ですね。「ちえなみ」って何?と思ったので辞書を引きましたが「千重波/浪」と書き、幾重にも重なりあって押し寄せる波のことだそうです。

・戦闘中にダイケンキがこっちむいてくれるのかわいい。

・ほかの御三家の最終進化形も、ストーリーを進めていれば目にすることになるのかな?そういえば今作では、主人公が選ばなかった御三家を選ぶライバルキャラがいないですね…。選ばなかった方の主人公、テルの手持ちは今のところピカチュウマネネだし。

ガラナ初登場。発売前の情報にはいなかったキャラの一人です。ここでヒスイガーディが登場するんですね。明らかにサイズが違う2匹でかわいい。

ガラナ初登場場面のスクショ

・10匹のポケモンって誰かな…。いずれわかるか…。

10匹のポケモンについて言及する場面のスクショ

ススキ登場。発売前から紹介されているキャプテンの一人ですね。

ススキ登場場面のスクショ

サマヨールを連れて行くのが次にやること…。「ゴーストタイプのポケモンが苦手」と紹介されていて、ススキは過剰にサマヨールを怖がっているように映りますが、これまでのポケモン描写からして、そこまで極端な怖がり方ではないのかも…と思わせてくるなと感じました。

イダイトウ登場!これで水上を移動できるようになります。アヤシシで移動していると、勢い余って水没することが頻発していたので、ようやく水に落ちても平気になった…。

イダイトウ登場場面のスクショ

・今までのところカップルらしいカップルが出てなくて安心していたのに、唐突な男女CP描写に萎えました。わざわざ、ステレオタイプヘテロ描写をねじ込む必然性が説明されることは、果たして今後の展開にあるんでしょうか…。

お慕い申し上げて…のセリフの場面のスクショ

・また野党三姉妹ショウチクバイが登場。今回の悪役はこの人たちなのか…?小物感がすごいけど…。必ずしも物語に黒幕が必要だとは思いませんが、なんとなく探してしまいます。

・ここにきて、初めて目の前が真っ暗になりました。原因が、誰にやられたでもなく、普通に高い崖から落ちての自滅だったのが悲しい…。思ったよりたくさんのアイテムを落としていてちょっとショック。7種類くらい消えました。

水上でのポケモンバトル、ポケモンに足場がつくんですね。これまでは謎の水っぽい足場で戦っていましたが、ついにちゃんとした「足場」を手に入れた…。

・ランクが「ムツボシ」になりました。ついにハイパーボールが作れるように。

ムツボシになった場面のスクショ

・ちょくちょく買える洋服の種類が増えるけど、どれが新しい衣装なのかがわかる仕組がみないのがちょっと不親切だなと思います。

シンオウの曲をアレンジしたBGMがいろいろあって、シンオウとのつながりを感じられて楽しいです。果たしてサントラはでるのか(剣盾サントラもあきらめてないぞ)。

・コトブキムラの家の数とか、ストーリーが進むと増えてたりする?

・シルエットの変化がぜんぜんなくてわかりにくいけど、ハリーセンってリージョンフォームだな?タイプも変わってるし。

・オヤブンポケモンが怖い…。でも、パーティのレベルが上がったので、ようやく最初のエリアのオヤブンに挑む度胸がついてきました。

・よくわからないから放置していた「がんばりの○○」を使用してみました。めっちゃ実数値あがるじゃん…。能力値の横の数字は「がんばレベル」というんですね。手動で増やす努力値みたいな感じか?誰を主力メンバーにするか、いまだに決めかねていて使う決断に至らない子もいるんですが、とりあえずダイケンキには優先的に使ってみてます。

・サブ任務のいくつかで、ポケモンが来てくれたおかげで助かった、といった内容があってもやもやします。困っていることがあったとして、それを解決に導くポケモンが手にはいるまで、何もせず手をこまねくつもりなんでしょうか。「ポケモンに働けせるのはわるい」と、ポケモンの代わりになる技術を進歩させる人間はいないのか。作中の人間達を、「ポケモンの能力を道具として利用する存在にしたくない」けど「ポケモンの能力を利用した生活をしてほしい」という矛盾をどうにかするため、いろいろ工夫して描写しているようですが…。

主人公がポケモンから直接攻撃を食らうの、怖いんだけど嬉しくてわくわくしますね。怖いけど…。相手のポケモンが、主人公のことを認識して、何かしらの感情を向けてくれているのがいいのかな…。

・これまで、主人公と向き合ってくれている(とされる)ポケモンは、自身の手持ちポケモンが主だったので、見ず知らずのポケモンから注意を向けてもらえるのは新鮮に映ります。

 

*************

おそらく物語は中盤に差し掛かっている感じでしょうか。2月中にはエンディングを迎えられそうなので、ペースを落としてぼちぼち進めていきたいと思います。

なお、現時点でのポケモン図鑑は「登録112」「捕獲89」で、プレイ時間は26時間くらいです。サブ任務もそれなりにこなしてます。でもサブ任務「4」の大きいブイゼルは未だにいないし、「17」のチェリムってどこにいるの…。チェリンボすら見たことないんですけど…。