びとうろうぽ記

欲とポケモン連れ

ヘッダー/パソコン用の画像

MENU

BDSP感想・進捗②(バッジ2個まで)

『シャイニングパール』をプレイしている感想・所感です。クロガネ・ハクタイのジムを終え、自転車を手に入れ、次はヨスガシティに向かうところまで来ました。プレイ時間は10時間くらい経過。

現時点での感想をまとめました。

 

感想①はコチラ↓

bitouroupoki.hateblo.jp

 

▼追記 続きの記事はコチラ
*************

bitouroupoki.hateblo.jp

*************

 

リメイクなのでネタバレというほどのこともないですが、一応ネタバレ注意?

箇条書きで、順不同につらつら色々言ってます。内容量もそこそこ。ちなみに、攻略系のサイトはまだ見ないようにしています。

 

 

 

・クロガネ炭鉱のモブトレーナーの作業員、男性だけでなく女性作業員を追加すればよかったのになと思いました。リマスターじゃなく「リメイク」なら、そういう変更があってもいいと思います。剣盾には女性作業員いたしね。

段差を勝手に降りちゃうなぁってやつ(感想①で話した)、段差だけでなくジムやポケセンの入り口でも同様の現象が起きるみたいです。そんなに十字キーで操作してほしくないんか…。

・ジムリーダー達、3DCGになったことで、戦闘中や負けた時のモーションが見れてよいです。動いてるのかわいい。

・ギンガ団戦BGMを聞いていると、アレンジされてるなぁと感じました。いずれじっくり聞き比べたい(果たしてサントラは出るのか…。剣盾のサントラも待ってます)。

・ボールデコ、ポケモン登場モーションを一時停止できるのが地味に嬉しいです。シールが増えてきたらまたこだわってデコってみようかな。

・フィールド上のモブトレーナーと目が合う際、一部のトレーナーにおいて、カメラが近づいて会話になる演出になりますが、これは何か意味があるのかな?わからない…。

・主に町やフィールド上にいる女性キャラの口調、女言葉がキツいですね。あからさまな感じが不自然に感じる。特に小さい子供が使っていると、余計に違和感がすごい。「~かしら」とか、今も使う人がまったくいないとは思いませんが、大半の、とくに若い女性の口調としては一般的ではないですよね。

・剣盾ではそこまで女言葉のキャラはいなかったと思うので、後退していて残念です。オリジナル版(DP)の発売が2006年で古いとはいえ、繰り返しますがこれは「リメイク」なんだから、モブの口調も変えてくれればよかったのに、と思います。

・やっときのみが手に入るところまでこれて嬉しい(きのみ好き)。土にきのみを植えて水をあげても、土の見た目が変わらない?と思ったけど、これはプレイしたのが夜だったから見落としていただけでした。もっこりした土に輪っか状のものが浮かび上がる?のが水をあげ終えたサインみたいです。

・ひとつひとつの木にいちいち水をあげなきゃいけないのか、水をあげたまま横移動はできないのか(ORASではできた)、と思っていたら、1回の水やりで2カ所に水やりしたことになるんですね??

・ソノオのショップ前のきのみ植えられるところ、片側に水をあげたら、ショップの入り口を挟んだ向かい側のきのみにまで水をあげたことになってウケる。親切っちゃ親切だけどバグのような印象も受けます。

・幹や、花が咲いた状態のきのみの木に水をあげた場合は、見た目の変化がわからなかたんですが、自分が気付いてないだけ?もしかして変化なし?

・水をあげた頻度によって、収穫できるきのみの数が増減する仕様は、ちゃんと今回も健在なんですかね…。

・すでに水をあげたばかりのきのみに何度でも水やりできちゃうが??十分しめっている、みたいにはならないの??

・セーブ画面(やポケッチも)に表示されるポケモンドット絵ではなくイラストなんですよね…(ポケッチのは発売前から知ってたが)。ボックスや手持ちもそうか。ドット絵の方が好きでしたが…。

ソノオの花畑で花びらが舞っているの、きれいで良い感じですね。とても好き。

ハクタイの森の雰囲気もよいです。森のちょっとじめっとした感じとか、遠くをぼやかすことで出ている空気感がよい。

ポケモン図鑑チェリンボ(詳細などを開く前)、ちょっと前屈みじゃないですか?トサキントを見るアングルはちょっと下から過ぎるような…。分布を開いた時に左上に表示される方は問題ないのに…。

チェリンボの図鑑画像

・フィールド上でボックスを開けるやつは今回もあるんですね。今後もこの仕様は継続されていくのかな…?

・剣盾の時にはあった、戦闘時に状況を知ることが出来るコマンド(Yボタン)は今回ないのか…?

・建物内に自販機的な物が置いてありますが、何も買えない?だだの飾りか??

特定の状況や確率で発生する致命的なバグも嫌ですが、日々のプレイで起こるバグ(?)も嫌ですね。バグなのか仕様なのか怪しいヤツ。

・これはさすがにバグでは?というのも「仕様です」と主張されるのは、ゲームにおいてめずらしくないことなので、個人的に挙動がおかしいと思っている要素が「仕様」にされそうで怖いです。

・バグとか、開発の時間が足りてないなら素直に認めて、修正を行ってほしいです。快適にプレイさせてくれ。

ゲーム進行に関わる致命的なバグは、公式から速攻で案内してほしいです。いちいち自分で、判明しているバグを検索するのはやってられないです。というか、出来るだけ外部の情報はシャットダウンした状態で、まずはクリアしたいと思っているので、検索とかはできるだけしたくない。

・バグの発生はある程度はしかたないとして(あまりに数や内容が酷いとそれはそれで問題だが)、発生する前提で動いてほしい。バグが分かり次第、公式からすぐにアナウンスをしてほしい。できるだけはやく。

・バグが怖いので、ゲームを始めて即、オートセーブはオフにしてます。そもそもポケモンにおけるオートセーブが受け難いのもありますが。

・過去のゲームフリークのインタビューでは、ゲームをプレイする際の快適さなどの微調整を頑張った、というような話をしていた記憶がありますが(記憶のみで現物資料は未確認)、その辺り(操作性など)のこだわりやテストのツメが甘いように感じます(崖を勝手に降りちゃったりとかね)。

・今作の開発はゲーフリではなく「株式会社イルカ」というところのようですが、監督責任として、ゲーフリの問題でもあるんじゃないかと思ってます。

・ハクタイの森って広いですね…。というか、全体的に道路などのマップが広く感じる(剣盾と比べて)。やっぱ剣盾のダンジョンって狭かったよなぁ?

・きのみの木、きのみの種類ごとに形が変わるあの頃が再現されてて嬉しい。しかも、なっているきのみの見た目がそのきのみっぽくデザインされてるっぽくないですか?カゴのみとか。早く他のきのみも確認したい。

・昼夜でBGMが変わるのは当然。個人的にポケセン夜のBGMに懐かしさを感じます。

・地下大洞窟に出てくる野生のポケモンのレベルが高いな。びびる。

カセキ堀りができる壁を見つけるの難しくないですか。左上のマップでキラキラがついているところの壁を調べるのは分かるんですけど、調べても見つからないことが多々ある。

・カセキ掘りポイント探し、これも十字キーで操作して、壁伝いに探すと反応しにくいみたい。壁に垂直に探すか、Lスティックで探すと見つかりやすいっぽい感じです。

・地下で野生ポケモンに追いかけられるの、ちょっと怖いな。

新しく手に入った道具が、リストの一番下ではなく、中途半端な位置に表示されるのは何で??並び替え後の場所に来てるわけでもなく(並び替えを行うと、別の場所に移動する)、意味不明な位置にいる…。バグかな??

道具リストの画像

・地下で手に入れたタマって増やせないんですか。地面に埋めるとか。

・石像いっぱい掘れるけど、基地に飾って出現ポケモンの傾向を操作する以外の使い道やメリットってあるんでしょうか。

もりのようかんは相変わらず怖い。怪しい声が聞こえるし…。

・当時は、主人公が入った部屋の隣の部屋(主人公には見えないがプレイヤーにだけ見える)の人影がマジで怖かったのを覚えているんですが、今回それはないのかな?

・ひでんわざを使うとき、「てつだってもらった」的なテキストは、ひでんわざを最初し使った時しか出ないのか?時々表示されるのか?基本的には「〇〇しますか」表記っぽいが…(最初だけかと思っていたら、ある日のいわくだきで再度「手伝って…」のテキストが出た)。

・サイクリングロードでトレーナーと戦うところの背景が、謎空間で笑う。他のフィールドでは木とか岩とか描写されてるのに?サイクリングロード用の背景を用意する時間がなかったのか?

サイクリングロードでの戦闘シーンの画像

・おとくな掲示板(207番道路、クロガネ北の砂の道を自転車で上った右手で確認)で、一文目が表示された後に、いったんウィンドウが消えてから次の文が表示されるヤツ、表示方法としておかしくない??

十字キーでの自転車の操作感が悪い。方向転換するときにいちいち止まるの何?

ポケパルレポケモンキャンプのような、ポケモンをなでられる要素がなくとも、「なでてほしいみたい」といったテキストが戦闘中に出るんですね?なつき度があがってきているサイン的な戦闘中コメントは、最近の作品から流用しているようですが…。

ジムバッジ磨ける!なつかしー!

 

*************

 

旅パのメンバーは試行錯誤中…。次はヨスガに行きますが、ポケモンコンテストは果たしてどのようになっているのか…。

ムクバード・ルクシオ・ポッタイシのイラスト

 

 

▼最終更新2021年12月18日
続きの記事(③)を追記しました。